--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-03

最近また世界樹実況動画が上がってますね

 どっかで新世界樹のスキルやらグリモアやら解説したいね。




自分は初めて投稿されたころから見ていますが成長が本当にすごい。




 メイプルでは韓国がシグナスの残り2職の実装が近いそうな、

まだPVすらあがっていないので開発段階で

まだテストすら行っていないように思いますが。

フレイムウィザードに求めるもの

・安定した大火力(今のHRぐらい)
・状態異常耐性
・ダメージ軽減
・エレメンタルリセット
・ダサくない


 魔法使い系職は「聖魔」「エヴァン」を除き

安定した高火力が存在しないことが不人気の理由か。

安定していない魔法使いは

・火毒
・ルミナス
・カンナ(バグ)

 火毒は最大効率でスキルを廻していくとゼロの次に強い(全職中2番目)。

ただし最大効率で廻せる相手が少ない、

効率は落ちるがある程度安定した立ち回りだと高火力組みと同じぐらい。

 ルミナスは瞬間火力は全職中でトップクラス。

ボスでは常に最大火力を発揮できる場面が少ないため

DPMが低くても何とかなったりする職業の代表的存在(だと思ってる)。

 カンナ(バグ)はもはやバグが多過ぎて修正が入るものの

未だにちゃんと機能していないとか何とか。

どっかの国では最強補助スキルに修正が入って使い物にならなくなった。

 今のところ安定した大火力は聖魔しかいないのが問題。

せめてフレイムウィザードは厨キャラレベルまで改変が来てくれるとありがたい。



追記からVBG






 今回は盾役について書いていく。

必須スキル
・防御陣形
・専守防衛

ないと困るスキル
・特攻防御
・巨大体躯

なくても良いがあった方が良いスキル
・パリング
・イベイド
・必殺耐性
・致命耐性
・竜鱗守護+反撃倍加

状況によっては必要なスキル
・前進防御
・日中・夜戦適応
・勇猛果敢


 防御陣形は自分よりも後ろにいる味方ユニットの身代わりになるスキル。

①④
②⑤
③⑥

②を盾役としたとき③以降の攻撃(遠隔・側面攻撃以外)を庇う、

前進防御は1つ前の番号に攻撃が来た時庇う(①で使うと⑥を庇う)。

 専守防衛は能動的に攻撃することが出来なくなる代わりにダメージを半減するスキル。

単純に生存率を上げるだけでなく、盾役に攻撃をさせないスキルとして使う。

攻撃をした際に「遠隔攻撃」「次元斬撃」を持っていないと相手から反撃を受けてしまう。

盾役にこれらのスキルを持たせると更に生存性能が落ち、結局使いにくくなってしまう。

特に後半になると反撃ダメージが大きくなり無駄にHPを減らすことに繋がる。

「防御陣形」と「専守防衛」があって初めてメイン盾役になることができる、

この2つさえあれば弱い盾役でもノーマル程度であればクリアまで使っていける。


 特攻防御は敵から弱点を突かれた際にスキル数値分増加ダメージを減らす。

特に種族の多い盾役は常時弱点を複数個突かれることが多いので恩恵が大きい。

ダメージ%=100+(100-特攻防御値)*特攻個数

特攻が4つ突かれている場合は500%、そこに特攻防御50あれば300%まで抑えられる。

もちろん種族が少ない(もしくは突かれにくい)種族だと効果が薄い。

 巨大体躯は他の防御スキルとは違いデメリット?もあるスキル、

その効果は「スキル性能値%分ダメージ及び回復量を下げる」、

ただしこのダメージは継続ダメージや毒ダメージ(全てのダメージ)すら軽減するため

実質HP最大値が上昇すると考えて良い。

巨大体躯の値が50なら実質HPは2倍、75で4倍、80(最大値)で5倍になる強力なスキル。

このスキルを上げようとすると

欲しいスキルが取れなくなることが多いので諦めることが多い。


 パリングは数値%の確立で攻撃を無効化する(最大値100%)。

それだけ聞くとやばいスキルな気がするが、

「クリティカル」と「次元斬撃」に弱い特徴がある。

クリティカルは後述、次元斬撃はスキルの特性で無視してくる。

 イベイドは遠隔攻撃を数値%の確立で無効化する(最大値100%)

これを持っている盾役は少ないが、無効化されることがないため強力。

また「次元斬撃」は遠隔攻撃扱いなので

パリングとイベイドを両立することで次元斬撃に強い盾役が作れる。

ただしパリングとイベイドを素で両立しているガーダーは「ミルクリーン」のみ。

ミルクイーン


防具で両方を同時につけることが出来るが、個数限定装備となっている。

 必殺耐性とはスキル性能値分敵のクリティカル率を下げるスキル。

クリティカルが発生すると防御側の防御力を75%にしてダメージを算出する。

更にパリングを無視することが出来る。

盾役でパリングに頼って生存率を上げるユニットだと

クリティカルが発生した時に非常に脆くなってしまう時にこのスキルを取る。

このクリティカル発生率は難易度が上がるほど高くなる(ステータスが影響するため)、

そのため「あれば便利だけどわざわざ付ける必要はない」スキルになっている。

 致命耐性は攻撃側の「致命必殺」を数値分減少させる。

致命必殺はクリティカル発生時に性能値%ダメージを増加させる

ダメージ%=100+(致命必殺-致命耐性)※ただし100以下にはならない

致命必殺の最大値は200だが実用性を考えると40~100あたりが限界か。

これももちろんあれば嬉しいが

「致命耐性」を上げるよりも「特攻防御」を上げた方がダメージをよく抑える。

 竜鱗守護は敵に与えたダメージが被ダメよりも数値%以下であった場合、

ダメージを無効化する。反撃倍加は攻撃を受けた時の反撃を増加させるスキルで、

「竜鱗守護」と「反撃倍加」を組み合わせると味方をかばった際に

敵への反撃ダメージを増加させつつ自分は無傷と言った状況に持っていける。

 日中・夜戦適応は

・夜以外の種族は夜戦時「素の防御力」が半減
・夜種族持ちは日中時「素の防御力」が半減

これを解消するスキルだが、

実際に戦闘をしてみると様々な補正が乗り「素の防御力」の割合が減ってくる。

補正値が大きくなってくる周回時になると気にならなくなってくる。

 前進防御は1つ前の番号を庇うスキルだが、

似たスキルに「標的後逸」(攻撃を受ける際後ろの番号に流す)があり、

さらに師団によっては持たせなくてもまったく問題がないスキル。

標的後逸は称号で持たせられるが他に有用なスキルが多いので、

実際は前進防御のない盾役はほとんどいなくなるが・・・。

 勇猛果敢は精神攻撃・魅了攻撃・封印攻撃を無効化する。

精神攻撃はあまり害はない、魅了攻撃は性別があるとたまに事故る

(魅了攻撃を受けた場合下手をすると行動不能になる)。

封印攻撃は食らうと様々な補助スキルが使えなくなる。

盾役としては魅了攻撃対策ぐらいしか役に立たなさそう(重要だが)。



ララ


 画像のララは固有ユニットで貫通無効を素で供給できるが、

どんなにがんばっても専守防衛を入れることが出来ない。

追加称号(右上)で補助、装備(緑色)で扇形無効と遠隔攻撃を付加させないと使えない。

アイススタチュー


 アイススタチューは器兵師団ガーダー最高峰(と自分は思っている)、

リーダースキルで「専守防衛」「特攻防御」が合計100になり、

称号と装備で巨大体躯を80にし、

今回はダークブレストを装備させることで致命耐性を付けている。

状況によっては装備で「竜鱗守護」「反撃倍加」に変更可能と

自由度の高さも高評価に繋がる(そもそも装備無しで完成している)。


 高難易度になってくると

ゲーム後半に出てくる超火力ユニットにボコボコにされます。

盾役はとにかくこのユニットから味方を庇い、

PTが生存していられる時間を増やすのが仕事。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

日本品質

Author:日本品質
2016.10.7現在

日本品質:194殴り
海外品質:193双剣
懐桜:210スレイヤー
箱庭の駒:208キネシス
金かく:131火毒
又桜:139英雄→闇騎士
果実丸ごと:154斬り

動かしてるのはこれぐらい。

ぽぷら改めくるみに生息している謎の生物
怒首領蜂大復活ハイスコア2422億
↑撤去により更新不可
歳:現在26才、歳を感じる

現在色々あって就職活動中
定期更新を目指しています(笑)

リンクするときは声をかけてください☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。